FC2ブログ

かもふ

彼と初めて会ってもう4年が過ぎた
今でも鮮明に覚えてる、というより一番幸せだったころのまま止まってしまってそれだけ時間が経過したことが信じられない
付き合ってた期間よりも彼が亡くなってからのご家族との今の関係の方がもうずっと長い
俺と彼の本当の関係を知ってるのは姉さんだけでご両親にははっきり話してない
世代的に同性愛やLGBTの概念自体分らないと思う
それでも友達とは別の特殊な関係にあったことはなんとなくでもわかってるみたい
姉さんからそう聞かされて正直ホッとした
「自分は女性ホルモンを飲んでるトランスジェンダーで男女としてお付き合いしていた」なんて説明しても知らない単語が多すぎて多分混乱させるだけだと思う
言葉で説明なんてしなくても感覚でわかってそれでいいと思ってくれる今の状態が一番いいと思う
来年の夏頃に秋田を離れて埼玉へ行くつもりでいる
高齢なご両親と病気を抱えた彼の甥のため
亡くなった恋人の家族って凄く後ろ向きな関係でも他人事で終わらせるには事情を知りすぎた
自分のための人生と言うけど今さら自分のためだけに生きていくのは寂しすぎてしたくない
一番大切な人との関係を死という形で終えて死ぬまでの残りの自分の時間をどう使うか考えたとき、大切な人が残した相手のために使いたいと思ったから

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop